防水工事はfrp防水にお任せ!様々な場面で使用されている防水工事

女性スタッフ

雨漏りの原因を知る

傘を差す男性

住宅の外壁や屋根は毎日太陽光から紫外線や雨や風を受けています。私達は住宅に屋根や外壁があるために、快適な生活を送ることができています。しかし、住宅も消耗していきます。新築時から数十年経過すると、至るところで劣化が始まるでしょう。そのため、リフォームして住宅を新築時と同じくらいの強度を取り戻しましょう。天井や壁から雨漏りする場合は雨漏り修理業者に依頼してリフォームする方が良いでしょう。

住宅が雨漏りする場合は必ず原因があります。この原因を知ることが雨漏り修理の第一歩と言っても過言ではありません。雨漏りの原因は経年劣化による破損やひび割れ、開口部の立て付けが悪くなっていることによる雨の侵入、屋根の瓦やスレートが浮き上がったり破損することによる雨漏りなど様々なことが原因で起こります。劣化して老朽化した住宅以外にも新築の場合でも稀に雨漏りは起こります。そのため、雨漏りの原因を特定することは非常に大事なことです。

住宅の雨漏り修理を何度行なっても雨漏りが改善されない時は、雨漏り修理を行なう箇所を検討しなおした方が良いでしょう。検討違いである箇所を補強しても雨漏りは改善しません。さらに、雨漏りは酷くなることが考えられるでしょう。また、二次被害の可能性もあります。雨漏りが原因で住宅の天井や壁に使われている木材が腐ることがあります。住宅の構造部分の木材が腐れると、耐久性はなくなるでしょう。耐久性のなくなった住宅は脆く、少しの衝撃でも崩壊する危険性があります。ですから、雨漏り修理を行なう時は、原因を匿名して正しく雨漏り修理を行ないましょう。